CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ダ・ヴィンチ・コード | main | 福砂屋 最中 >>
はじめてのおてつだい
今週のボスは大忙し。

普段から電話の多い人なのだが、
今週はいつもと様子が違っている。
彼が電話中の時はもうひとつのラインの
ランプが点滅し、私が代わりに電話に出る。

いつものようにランプが点滅し、
私が出ると、フランス訛りでいかにも
お母さん風の女性から。

「ステファニーのママですけど
アメリの誕生会のことで電話したと
伝えてくださる?」とのこと。

は?

アメリとはボスの2番目の女の子。
今週末に9回目のお誕生日会があるようだ。

ところでボスの奥さんは?

今週は子供たちのインターナショナルスクールに
お迎えのタクシーを手配した。

「(タクシーの運転手さんは)名前のボードを持って
待っていてくれるかな?」と心配そうなボス。

前回同じような手配をした時、娘さん達は私に
電話をしてきて、お父さんよりも綺麗な英語で
しっかりとした口調で話していた。

「大丈夫よそんなに心配しなくても。
彼女達は頭がいいから」とからかうと、
「君もいつか子供を持ったらわかるよ」
と照れながら責めるので
「oookaay, daddyyy」と娘風に返事をした。

1週間も奥さんが不在だ。

「『誕生会の準備を手伝うわよ。
チョコレートケーキでも焼きましょうか?』
なんて友達の母親からオファーを
受けてさ、僕はパニックだよ。
僕ときたら、誕生会は子供が家に来て
遊んだら帰るだけじゃないってことに
気づかなかったんだ」

ホームコメディー映画にでもなりそうなストーリー。

妻が置いていったレシピを見ながら
毎朝ブレックファーストを用意する。
「やっと卵が上手く割れるようになったんだ」
娘達を学校へ送りディナーの買出しへ。
そしていったん家に戻り会社へ。
日中も週末の誕生会の準備と電話連絡。
夜は、宿題はやったのか?なに?フランス語の
授業がなくなったから帰宅時間が早くなった?

・・・・プゥ〜 困惑

「世界中の働いているお母さん達は
一体どんな数の仕事をこなしているんだ?」
と話し出した。

「決して簡単だと高をくくっていたつもりはないよ、
だけど、my god...信じられないよ」

「それは地図を読めない女の本にも出てきた
マルチトラックブレインじゃない?
男の人はシングルトラックブレインでしょ」と私。
「ああ、そうだね、すっかりそのパートのことは
忘れていたよ。」

そして私は、
「Anyway、とにかくとってもいいことだわ、
奥さんの大変さを知ることわ。そのチャンスに
感謝ね」と締めくくった。

チンピーはスンチャー。
かつて大バカな友達が残した内輪の格言。

だから奥さんは?

「喧嘩でもしたの?正直に白状したら?」
と聞いてみた。

少し躊躇ってボスは事情を白状した。

自分はF430 を購入した。
その代わりに奥さんも何かを手に入れて
満足をしなくては気が済まないと。
彼女は地に足が付いているものが好きだ。
それは不動産。

フランスへ帰ったのだ。

家を探しに。

南仏に。

「今頃お義母さんと南へ向かってドライブ中だろ」

奥さんはここぞとばかりに40歳の誕生日にもらった
ポルシェで長距離ドライブができるわけね。

「僕のSX200で」

はぁ〜〜?

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
アラン ピーズ, バーバラ ピーズ, Allan Pease, Barbara Pease, 藤井 留美


Nissan SX200
| @ work | 14:08 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suzy.sweetsuite.jp/trackback/91602
トラックバック
victorias secret
| victorias secret | 2007/04/05 2:59 PM |